エンタメ

あの娘ぼくがAlan Walker決めたらどんな顔するだろう

投稿日:

[広告] 楽天市場

  • Alan Walker / Faded 輸入盤 【CDS】
  • スリックライン ドッペルギャンガー BALANCE WALKER バランスウォーカー DBW01 スタンダードライン
  • Every Warrior Has His Own Song【電子書籍】[ Alan B. Walker ]
  • The Border CountryA Walker's Guide【電子書籍】[ Alan Hall ]
  • The Cathar WayA walker's guide to the Sentier Cathare【電子書籍】[ Alan Mattingly ]
  • Franz Liszt Volume 2The Weimar Years: 1848-1861【電子書籍】[ Alan Walker ]

みらいへ、いっしょに。Alan Walker

>>今回は気象操作についてです。
 
   日本や米国での台風・ハリケーンの不自然な動きを見る
   までもなく、私達は、今や、気候が容易に操作し得ることを
   しっています。ベトナム戦争で、米国が気候捜査をして、 
   モンスーンを強くしたりしていた事実が公開されています。
   陰謀論ではありません。公にされた事実なのです
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「科学と地球工学の現実、気候をコントロールする能力については、議論する間でもない。嵐は容易に消しうると共に、生み出され、拡大されうる。この技術は、少なくとも、ヴェトナム戦争以降使われてきた。カトリーナやハービーのような途方もないハリケーンは、様々な意図により必要な時に召集されるのだ。最近の全てのハリケーンは、ひどい害をもたらす前に『弱められた』。それらは必要ではなかった。実際、嵐がないことは、現状を維持するのに役立った。アメリカから痛みや苦しみ、またトラウマを出来る限り引き出す狙いをもって、人類の心理が『攻撃されている。』ちょうど、9.11テロやカトリーナで起こったように。この悲劇を救う唯一の方法は、それにまつわる真実を探せるくらい、勇敢になることだ。」

Laura Walker 作家、アメリカ

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

によると:
ハーバード大学の2人の気候科学者は、気象を変動させることで温暖化を緩和できるかどうか、そしてそのリスクについて調査するために小規模な大気実験を行う準備をしています。

Harvard Scientists Moving Ahead on Plans for Atmospheric Geoengineering Experiments

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

によると:
3年前にアメリカの気候科学者(アラン・ロボック教授)に、2人のCIAエージェントから電話がかかってきました。そして気象を兵器化することは可能かどうかについて訊かれました。ロボック教授はCIAに対して、大気中に十分な量の物質を噴霧し太陽光を反射させることで気象操作が行われているかどうかが分かると答えました。また、CIAは、誰にも発見されない方法で気象操作ができるかどうかについても尋ねました。ロボック教授は、成層圏粒子を用いて火山噴火による気象変動を刺激することについてのリスクと効果を調査しましたが調査段階で恐怖を感じたと述べました。
今週、US National Academy of Sciencesにて、ロボック教授らが行ってきた地球工学の研究に関する重要なリポートが発表されます。この研究のスポンサーは米諜報機関、NASA、米国海洋大気庁、エネルギー省がスポンサーです。特にCIAはこの研究の主要スポンサーになっており、ロボック教授はCIAがこの研究成果を悪用するのではないかと懸念しています。ロボック教授は、米政府は過去にも悪意のある目的で気象を操作したことを知っています。例えば、ベトナム戦争ではホーチミンの上空に豪雨をもたらす雲を発生させました。その結果、補給路の地面が水浸しになり車両が通行できなくなりました。さらにCIAはキューバの上空にも豪雨の雲を発生させ砂糖の収穫に大打撃を与えました一部の権力者らは、気象操作テクノロジーにより非常に強いエネルギーを大気中に放出することが可能だということを知っています。彼等は一般大衆にこのようなテクノロジーとプログラムが実在していることを知ってほしくないのです。このように気象操作テクノロジーは現実の世界で使われているのです。これは陰謀論なんかではありません。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

“We’re Firing Trillion Watt Lasers into the Sky”: Top Scientist Admits to Weather Modification on CBS    Wed 7:15 pm UTC, 13 Sep 2017  
“我々は1億ワットのレーザーを空に発射している”:気象操作を認めているトップ科学者
posted by Gordon  
 
Respected physicist, Dr. Michio Kaku, exposes the science of geo-engineering to the mainstream masses in a CBS interview.  September 12, 2017 By Jay Syrmopoulos
In the aftermath of the devastation wrought by Hurricane Harvey and Hurricane Irma, and Hurricane Jose brewing in the Atlantic, many people are looking for answers as to the increasingly volatile weather being witnessed.
物理学者のDr. Michio Kakuは、CBSのインタビューで地質工学の科学を主流の大衆に公開しています。 ハリケーン・ハーベイとハリケーン・イルマ、そして大西洋で発生したハリケーン・ホセが荒廃した惨状のあと、多くの人々が、ますます激しくなる天候の中、答えを探すように見つめています。
And while climate change is one potential cause, there are other lesser known activities that could potentially be playing a role in the manifestation of these weather anomalies.
While weather modification and geo-engineering are still somewhat taboo subjects to the mainstream, often considered to be in the realm of conspiracy theory, there is a significant body of academic research and science that confirms that these technologies not only exist but are being operationalized.
気候変動は一つの潜在的な原因であるが、これらの異常気象の発現に潜在的に役割を果たす他の活動はあまり知られていない。気候変動と地質工学はまだ主流派にとってタブー視されているが、しばしば陰謀理論の領域にあると考えられているが、これらの技術が存在するだけでなく、運用されていることを確認する重要な学術研究と科学がある。
No, the Free Thought Project is not claiming the government, nor anyone else is making hurricanes or actively controlling the weather. We are only presenting this information because it exists and people should be aware that it exists.In a segment aired on CBS in 2013, respected scientist Dr. Michio Kaku, a physics professor at City College of New York, discussed – with Charlie Rose and Norah O’Donnell – the science of weather manipulation.During the interview Kaku, in discussing the experiments with weather modification notes that “We’re shooting trillion watt lasers into the sky,” referencing the use of lasers to induce changes to naturally occurring weather phenomena.
いえ、”自由な思考”計画は、誰もハリケーンを作ったり、天気を積極的に制御しているとは主張していません。 2013年にCBSに放送された分野では、ニューヨークのシティカレッジの物理学教授であるチャクリーローズ ノーラ・オドネル- 気象操作の科学。カクとのインタビューの中で、天気の変更に関するメモを使った実験について議論したところ、「1兆ワットのレーザーを空中に投射しています」とカクは話した。
 
Later in the conversation, Kaku briefly touches on the history of weather modification that has been carried out for decades by the government – with the CBS hosts quickly interrupting him to note these programs were only “alleged.”Of course, these hosts must be ignorant of the declassified history of “Operation Popeye,” which was a weather manipulation program enacted during the Vietnam War as a means of creating ongoing monsoon conditions in an effort to impeded the Viet Cong’s mobility in the region.This is no “conspiracy theory.”
その後、会談では、政府が何十年にもわたって実施してきた気象変動の歴史について簡単に触れています.CBSは、これら計画がただ「噂」の段階で速やかに中止しました。 ベトナム戦争中に制定された気象操作プログラムであった “Operation Popeye Operation”の機密が既に公開された。これは「陰謀論」ではない。
In fact, research published in the Proceedings of the National Academy of Sciences specifically notes that laser beams create plasma channels in air, which in turn, cause ice to form.
Professor Jean-Pierre Wolf and Dr. Jerome Kasparian, both biophotonics experts at the University of Geneva, actually organized a conference at the World Meteorological Organization to discuss how powerful laser pulses can be used to generate changes in the atmosphere that influence the weather.
Wolf and Kasparian said:
“Under the conditions of a typical storm cloud, in which ice and supercooled water coexist, no direct influence of the plasma channels on ice formation or precipitation processes could be detected.
“Under conditions typical for thin cirrus ice clouds, however, the plasma channels induced a surprisingly strong effect of ice multiplication.
“Within a few minutes, the laser action led to a strong enhancement of the total ice particle number density in the chamber by up to a factor of 100, even though only a 10−9 fraction of the chamber volume was exposed to the plasma channels.
“The newly formed ice particles quickly reduced the water vapour pressure to ice saturation, thereby increasing the cloud optical thickness by up to three orders of magnitude.”
Adding credence to the idea of scientists using geo-engineering technology to manipulate the weather, according to the MIT Technology Review:
A pair of Harvard climate scientists are preparing small-scale atmospheric experiments that could offer insights into the feasibility and risks of deliberately altering the climate to ease global warming.
They would be among the earliest official geoengineering-related experiments conducted outside of a controlled laboratory or computer model, underscoring the growing sense of urgency among scientists to begin seriously studying the possibility as the threat of climate change mounts.
Sometime next year, Harvard professors David Keith and Frank Keutsch hope to launch a high-altitude balloon, tethered to a gondola equipped with propellers and sensors, from a site in Tucson, Arizona. After initial engineering tests, the “StratoCruiser” would spray a fine mist of materials such as sulfur dioxide, alumina, or calcium carbonate into the stratosphere. The sensors would then measure the reflectivity of the particles, the degree to which they disperse or coalesce, and the way they interact with other compounds in the atmosphere.
Another top American climate researcher – Professor Alan Robock from Rutgers – says that the CIA is looking into weather modification as a form of warfare.
As reported in The Independent:
A senior American climate scientist has spoken of the fear he experienced when US intelligence services apparently asked him about the possibility of weaponising the weather as a major report on geo-engineering is to be published this week.
Professor Alan Robock stated that three years ago, two men claiming to be from the CIA had called him to ask whether experts would be able to tell if hostile forces had begun manipulating the US’s weather, though he suspected the purpose of the call was to find out if American forces could meddle with other countries’ climates instead.
During a debate on the use of geo-engineering to combat climate change, at the annual meeting of the American Association for the Advancement of Science in San Jose, California, Prof Robock said: “I got a phone call from two men who said we work as consultants for the CIA and we’d like to know if some other country was controlling our climate, would we know about it?
“I told them, after thinking a little bit, that we probably would because if you put enough material in the atmosphere to reflect sunlight we would be able to detect it and see the equipment that was putting it up there.
“At the same time I thought they were probably also interested in if we could control somebody else’s climate, could they detect it?”
Professor Robock, who has investigated the potential risks and benefits of using stratospheric particles to simulate the climate-changing effects of volcanic eruptions, said he felt “scared” when the approach was made.
“I’d learned of lots of other things the CIA had done that haven’t followed the rules and I thought that wasn’t how I wanted my tax money spent. I think this research has to be in the open and international so there isn’t any question of it being used for hostile purposes.”
Professor Robock’s concerns come as a major report on geo-engineering is to be published this week by the US National Academy of Sciences. Among the report’s list of sponsors is the “US intelligence community”, which includes Nasa, the National Oceanic and Atmospheric Administration, and the US Department of Energy.
The professor alleges that the CIA told a colleague of his that it wanted to fund the report, but claimed that it did not want this fact to be too obvious – he added that the CIA is “a major funder” of the report which “makes me really worried about who is going to be in control”.
He claimed the US government had a proven history of using the weather in a hostile way, citing the action of seeding clouds during the Vietnam War to muddy the Ho Chi Minh foot-trail and attempt to cut it off, as it was used as a supply route but the north Vietnamese.
He claimed the CIA had also seeded clouds over Cuba “to make it rain and ruin the sugar harvest”.
While certain powerful constituencies are well aware of the extremely powerful forces that can be unleased through weather modification technology, these same groups would like to keep the general public unaware of these technologies and programs.
Whether these recent weather phenomena may, or may not, have anything to do with weather manipulation technology, make no mistake that weather modification is a real and practiced science – and is no conspiracy theory.
 
 

2013年に放送されたCBSの番組に出演したシティカレッジ・オブ・ニューヨークの物理学者、ミチオ・カク博士によると: 自然発生の気象現象を変化させるために数兆ワットのレーザーを大気中に照射しているのは事実です。米政府はこのような気象操作を何十年も前から行ってきました。しかし番組のホストは実際にポパイ計画というプログラムが存在していたことを知りませんでした。オペレーション・ポパイとは、ベトナム戦争でべトコンの可動性を削ぐためにモンスーンを悪化させるために実施された作戦でした。この世界には陰謀論など存在しません。Proceedings of the National Academy of Sciences で発表された研究リポートには、空気中に照射されたレーザー・ビームはプラズマチャネルを発生させ、氷の粒を作り出すと記載されています。また、ジュネーブ大学のバイオフォトニックス(生物光子学)のJean-Pierre Wolf教授と Jerome Kasparian博士は、強力なレーザー・パルスを大気中に照射することで天候を変える方法について議論するための国際会議を世界気象機関にて主催しました。彼等の説明によると: 通常、嵐雲には氷と過冷された水分が含まれていますが、氷の形成や降水過程に関してはプラズマチャネルに直接影響をうけるということはありません。しかし通常の毛状の氷雲(巻雲)の場合は、プラズマチャネルが大きな影響を与え氷の量を増加させます。

 

いけしゃあしゃとテレビでメキシコ大地震のコメントをするミチオ・カク

 

 

 

 
 

もう走り始めています 21世紀へ 先進技術のAlan Walker

広瀬すず「すごく素敵」!櫻井翔主演『ラプラスの魔女』主題歌はアラン・ウォーカーに

cinemacafe.net

『ラプラスの魔女』(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会


東野圭吾の小説を、「嵐」櫻井翔が主演を務め映画化する 。この度、本作の主題歌が弱冠20歳の次世代プロデューサー、アラン・ウォーカーの「FADED/フェイデッド」に決定。あわせて主題歌入り特報映像も到着した。 
アランは、ノルウェー/ベルゲン出身の弱冠20歳のプロデューサー。昨年12月に行われた初来日公演はソールドアウトし、同月に日本限定でリリースされた配信EP「Alan Walker HITS EP」はiTunesダンス・アルバム・チャートで1位を獲得するなど日本でも人気急上昇中だ。本作の主題歌に決定した「FADED/フェイデッド」は、2015年に発表しMV再生回数は15億回を超える代表曲。なお、アランが映画へ楽曲を提供するのは今回が世界で初となった。 

そして最新映像では、青江修介役の櫻井さんとヒロイン・羽原円華役の広瀬すずを始め、涙を流す甘粕謙人役の福士蒼汰など登場人物たちが次々に登場。また主題歌も挿入され、「Where are you now?」などの歌詞が、失踪した甘粕謙人を青江修介と共に探す羽原円華をはじめとした登場人物たちの心情や本作の世界観と見事に結びついている。 


臼井真之介プロデューサーも「初めてエンドロールに当てたとき、青江の円華への憂い、円華の謙人への想い、謙人の家族への願い、そんな彼らの心情と歌詞が見事にシンクロし、この曲以外考えられませんでした。世界中を熱狂させる次世代のアンセムとのこの奇跡の出会いが、本作を全く新しい景色に導いてくれると確信しております」とコメントしている。 

また広瀬さんは「音楽が入ったことで、登場人物たちの人間味を感じられました。あと、切なさがありました。すごく繊細でなんか落ち着いてしまうような雰囲気でもあり、すごく素敵です!!」と絶賛し、三池崇史監督も「真に革新的なものは、優しさをもってすべてと解け合う。東野圭吾とアラン・ウォーカーの織りなす奇跡の魔術をお楽しみ下さい」とメッセージを寄せた。 

さらにアランは、5月にZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場で開催される世界最大規模の動員数を誇るダンス・ミュージック・フェスティバル「EDC Japan 2018」への出演も決定。初の映画主題歌決定&再来日を記念し、日本独自企画盤EP「Faded Japan EP | フェイデッド・ジャパン・EP」が国内盤CD、及び配信でリリースされることも今回決定した。日本独自企画盤「Faded Japan EP | フェイデッド・ジャパン・EP」は4月25日(水)リリース予定、同日全7曲配信予定。 

『ラプラスの魔女』は5月4日(金・祝)より全国東宝系にて公開。


Alan Walker 関連ツイート

Alan Walkerが日本で流行った!!!!!
ってなっても君の名は。みたいになりそう
前前前世は知ってるけど他は知らない的な
EDCにAlan WalkerとかW&Wとかもう名前挙げ切れないくらい好きなアーティスト来るんだけど??
行きたすぎる行けなさすぎる🤯 https://t.co/q1SWaxwiLb
次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/4c96vv02UE Alan Walker – Force

-エンタメ
-

執筆者:

関連記事

no image

本当に洒落にならない大久保佳代子

[広告] 楽天市場 大久保佳代子の情報沢山 先日収録致しました番組が 明日10/22の深夜に放送されます。 テレビ朝日 『あるある議事堂』 10/22(土)深夜2:15〜2:45 今田耕司さんが議長( …

no image

ジャイアントパンダであらゆる困難と闘うページ

[広告] 楽天市場 ジャイアントパンダ 僕たちは、運命に立ち向かった。 今日は上野へ ジャイアントパンダ 駅にあったツリーが可愛かった パンダが沢山 クリスマス。。。 もうすぐ12月ですね。。。 1年 …

no image

SCANDALに詳しい奴ちょっとこい

[広告] 楽天市場 SCANDALのレシピ・作り方の特集、あの商品、この逸品が驚きの金額です AKB48・峯岸みなみ、 EXILE弟グループ GENARATIONSの イケメンダンサー白濱亜嵐との “ …

no image

鳴かぬならやめてしまえClariS

[広告] 楽天市場 ClariSが激しく面白すぎる件 さん(@ClariS8.0418)がシェアした投稿 – Dec 30, 2017 at 10:15pm PST ClariS あったら …

no image

アベンジャーズと聞いて飛んできますた

[広告] 楽天市場 ここであえてのアベンジャーズ 今日はてっちゃんの行きつけの 美容院CUBEへ行ってきました♡ 昨日の夜、髪の毛をなんだか 派手にしたくなってしまい アベンジャーズになりました。 な …